半自動設計ツール構築支援サービス

今回は、3次元CADの効果を最大限に活用して設計効率が格段に向上することができるサービスをご紹介いたします。


それが、「半自動設計ツール構築支援サービス」です。


3次元CADを導入して3次元化を推進しているが、設計効率を上手く向上できていないというお悩みを抱えている場合には必見です。





半自動設計ツールとは、必要最低限のCAD操作だけで設計規格を満たした3次元形状データを作成できるツールです。


従来であれば、設計規格をいくら整備しても、3次元形状データにする場合規格内容に準じてすべて手動で操作して作成しなければならず工数がとられれてしまいますが、規格化された設計内容に準じて半自動で3D形状データを生成するすることが可能になります。


また、このサービスの一番のポイントとなるのは、ツール構築手法を習得いただける事にあります。ツールを購入していただくのではなく、ツールの作り方を学んでいただくことを重要視しているため支援を受けた後は、自走でツールを維持メンテナンスしていくことができます。





設計規格(標準)がまとめられていない場合は、設計標準化の部分からご支援も可能です。

プロセス・ノウハウ運用サービスにて培った標準化ノウハウを駆使して、3DCADを使用した3次元設計の規格として設計規格を整備致します。




閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示