Raise Pro2シリーズ

img_raise3d002.png

Raise3Dは、可動式デュアルヘッド搭載した大型造形も可能なエントリータイプの3Dプリンターです。
積層ピッチも0.01~0.65mmまで調整可能で、大型造形も安定、スピーディーに造形できます。

概略仕様 - SPEC -

Pro2

Pro2 PLUS

造形サイズ

305 ×305 ×300 mm

305 ×305 ×605 mm

本体サイズ

607 ×596 ×435 mm

607 ×596 ×435 mm

フィラメント直径

1.75 mm

積層ピッチ

0.01~0.65 mm

ノズル直径

0.2 / 0.4 / 0.6 / 0.8 / 1.0 mm

最大ノズル温度

300

最大ビルドプレート温度

110

接続

Wi-Fi、LAN、USBポート 

製品紹介 - movie -

デジタルファクトリー株式会社

主な特徴 - feature -

可動式デュアルヘッドによる造形速度の向上(Pro2シリーズのみ対応)

img_raise3d004.png

融点が同じであれば2色造形も可能

img_raise3d005.png

可動式になったことで造形中に2つのヘッドが1.5mm昇降することにより、造形の失敗が少なくなり、誰でも簡単にデュアルでの造形を行うことができるようになりました。より安定、スピーディに造形することが可能です。
デュアルヘッドを使うことで、2色での造形や、サポート材として水に溶ける水溶性フィラメントでの造形も行うことができます。
さらに専用のサポート材を使うことによって、サポート材と造形物との接着面をより綺麗に造形できます。

可動式デュアルヘッド

造形エリアと高精度

造形時間が長いほど、機械の造形安定性に対する要求が厳しくなりますが、Raise3D Pro2シリーズはZ軸6本、X/Y軸にボールネジ及びボールブッシュを採用しているため、大型で200時間を超える造形も安定して造形できます。

img_raise3d003.png
 

Raise E2シリーズ

Raise3Dの特徴である高性能デュアルヘッドに加えて、独立ぢゅあるヘッドによる複製モードとミラーモード機能、自動別途レベリング、セーフティ機能などプリントを安定させるさまざまな新機能が搭載された機種となります。

概略仕様 - SPEC -

造形サイズ

330 ×240 ×240 mm

本体サイズ

607 ×596 ×465 mm

フィラメント直径

1.75 mm

積層ピッチ

0.01~0.65 mm

ノズル直径

0.2 / 0.4 / 0.6 / 0.8 / 1.0 mm

最大ノズル温度

300

最大ビルドプレート温度

110

接続

Wi-Fi、LAN、USBポート 

製品紹介 - movie -

デジタルファクトリー株式会社

主な特徴 - feature -

独立デュアルヘッドによる複製モードとミラーモード

img_raise3d007.png

Raise3D E2ではミラーモードと複製モードが可能になりました。それぞれ独立したヘッドとして使用することで生産能力を2倍に高めることができます。
ミラーモードでは造形モデルを反転させて作ることができます。
複製モードでは、サポート材フィラメントの使用や混合マテリアルに加え、1度に最大4パターンまで造形可能です。

自動ベッドレベリング

造形開始前に自動でプラットフォームの水平を認識、造形可能な水平が取れるまでノズルとプラットフォームの間隔を調整します。計測結果が画像で表示されるため、目視による確認が可能になります。E2のプラットフォームはZ方向の移動が無く、常に安定した水平をキープします。
また、自動レベリング機能では、造形エリアに分けて分析。ノズルとベッドの間を適切な状態に維持します。これによりノズルとビルドプラットフォームがどのエリアでも均一になり、印刷品質を向上させます。

img_raise3d008.png

セーフティ機能

造形中にドアが開くと印刷が自動的に一時停止します。使用中の安全が確保されます。